家づくりの保証体制Assurance system

名古屋で人気の注文住宅・デザイン住宅のブランド atelier COCOLO(アトリエ ココロ)。
こちらのページでは、atelier COCOLOの保証体制についてについてご紹介致します。

安心して住宅建築をおまかせいただける体制を整えています

住宅建築中や建築後に、住宅事業者の責任によるトラブル(瑕疵・ミス)が発生した場合、修繕にかかる費用を保証する保険があります。この保険は、万が一、住宅事業者の倒産などで補修などの瑕疵担保責任が果たされない場合に、住宅取得者様への保険金支払を代行するものであり、住宅建築前の加入が必要となります。

北河建設では、「JIO」および「ハウスワランティ」によるダブルの保証をご用意。お客様に安心して住宅建築をおまかせいただける体制を整えています。

JIOとは?

JIOとは「日本住宅保証検査機構」の略称で、当社ではJIOの住宅瑕疵担保責任保険へ加入しています。住宅新築時に第三者機関であるJIOの検査を受けることで、10年間の瑕疵保証を受けられます。この保険は、JIOが定める「設計施工基準」に準拠した施工を行った新築住宅が対象となり、規模や回数、構造の制限はありません。

支払われる保険金の内容

保証が必要になった場合に支払われる保険金には、次のようなものがあります。

  • 損害調査費用
  • 仮住居費用・転居費用
  • 補修費用
  • 求償権保全費用(住宅事業者が補修を行うにかかった費用)

ハウスワランティとは?

ハウスワランティとは「一般社団法人 住宅構造・基礎・地盤保証支援機構」の略称で、住宅建築時に必要となる地盤保証制度を守る組織です。JIOが建物の瑕疵保証を行うのに対し、ハウスワランティは住宅建築時の地盤調査の結果を評価します。

ハウスワランティは、地盤調査や改良工事を請け負う会社とは別の第三者機関で、地盤調査データを客観的な立場から解析・判定します。解析の結果、地盤が弱く補強工事や改良工事が必要となった場合は、過剰品質にならないよう、適切な工事の提案をしてくれます。また、対象となる建物の引渡しから10年間(最長20年間)の保証があるため、万が一、建物の不同沈下が起きた場合は、その修繕かかった費用すべてが保証されます。

ご相談は無料で承っております!お気軽にご相談下さい!

  • Page top